ブログ… 「コーチはリーダーである。リーダーはコーチである」
by y-coach_net
カテゴリ
全体
イベントのお知らせ
黒木さんのコーチング
山口チャプター
メンバー紹介
ほぼ日記
本の紹介
リンク
未分類
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


小さなコーチングの大きなポイント…「コーチングの流れ」 2

「コーチングの準備」のステップで心がけるべきことは2つ、

1.緊張を解く
2.テーマを決める

です。

「他人と対面する」ことは人に強い「不安と緊張」をもたらします。

人の脳はその部位ごとに爬虫類脳、動物脳、人間脳という分類されるほど多面的です。

それぞれの部位が別々に機能するのならば「攻撃されるから反撃する」「親近感を示して協力を引き出す」「説明をして理解を得る」など相手や自分の行動パターンを単純化できますが、実際は脳のさまざまな部位が複雑に組み合わさりさらに環境や資質の影響も取り込んで、複雑かつ多様な行動を生み出します。

そういう脳の特性から言っても「初めて対面した他人が自分に対してどのような行動をとるか」は予測不能です。その予測不能さを少なくするために人は「社会」という共通の行動ルールで守られた環境を作り出しましたがそれでも脳の複雑さから生まれる予測不能さは根強く残ります。

相手が自分に対して「敵意を持つのか好意を持つのか」「反感を持つのか共感をもつのか」「説明を理解するのかしないのか」そしてそれによって「自分に対してどのような行動を選択するのか」…一言で言えば「相手は自分にとって安全なのか危険なのか」…

それこそ他人に対面した時、脳がその機能のほぼ全力をつくして認識しようとするテーマであり、その間人の内面には「自分がどのような行動を選択するべきかを決められない」ことからくる「不安と緊張」が生まれます。

コーチングはコーチとクライアントの信頼にもとづく協力関係によって機能するものですから、まず第一にこの「不安と緊張」の関係を解消する必要があります。コーチングやファシリテーションの用語でアイスブレイクとも呼称されていますが、要するに「緊張を解くことを目的とした対話を行う」ことからコーチングはスタートするのです。

…(続く)

研修委員:黒木雅裕
[PR]
by y-coach_net | 2008-07-14 22:00 | 黒木さんのコーチング
<< 小さなコーチングの大きなポイン... 小さなコーチングの大きなポイン... >>