ブログ… 「コーチはリーダーである。リーダーはコーチである」
by y-coach_net
カテゴリ
全体
イベントのお知らせ
黒木さんのコーチング
山口チャプター
メンバー紹介
ほぼ日記
本の紹介
リンク
未分類
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


挨拶論 (17)

②は、存在承認の基本ポジションだ。

「私はあなたがそこにいることに気がついている」…人は利害関係の無い他人に対しては、「あまり馴れ馴れしくされたくない。でも無視されたくない」という、微妙なバランスを保ちたい本能があるので、相手の存在に気づいたメッセージを送ることで、近すぎず、しかし敵意をもたれない距離感を保つのだ。

存在承認のスタートラインは、実はある程度の距離を保つためのコミュニケーションの手段だ。ここをあまり積極的にとらえすぎると、他人に対して距離を保つための手段が、「なんとか距離を縮めなければ!」という、承認の強迫観念にとらわれることになる。

逆に、いくらあまり親しくなる必要が無い人だとしても、それなりの頻度で顔を合わせる相手に、全く承認メッセージを送らないのも危険だ。人はコミュニケーションのまったく無い相手を、潜在的な敵と見なす傾向があるわけだから、さりげなくちょっとクールぎみの挨拶を送っておくのが、大切なリスクマネジメントだ。

だから②の「こんちは」は、いつも懐に携えておきべき、コミュニケーションの標準装備ということになる。

…研修委員:黒木雅裕
[PR]
by y-coach_net | 2009-04-02 23:35 | 黒木さんのコーチング
<< 挨拶論 (18) 挨拶論 (16) >>