ブログ… 「コーチはリーダーである。リーダーはコーチである」
by y-coach_net
カテゴリ
全体
イベントのお知らせ
黒木さんのコーチング
山口チャプター
メンバー紹介
ほぼ日記
本の紹介
リンク
未分類
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


挨拶論(25)

例えば職場など、生産活動を行う場所の人間関係は、人間関係そのものが目標なのでは無い。「製品を作る」「サービスを提供する」などの目的があって、それを効率よく達成するために良い人間関係が「手段として」活用されているのだ。

一見ドライな人間関係に見えるがそうではない。

むしろ明確な目的の無い集団の方が、個々人の自己中心的な欲求が発現しやすい。職場は比較的に言えば適切なコミュニケーションの基盤を作りやすい手段だ。言い換えれば、ある達成すべき「目標」のもとに、集団としての「体温」を平均化しやすいということだ。

新しい技術を携えて業界に乗り込む新規企業の温度は当然熱いものだろうし、長い歴史を経て実績を積み重ねた弁護士事務所などは、むしろ冷感の強いものかもしれない。どちらにしても「目標」が明確な組織ほど、その組織全体の平均体温は一定だ。

挨拶や声かけそしてコミュニケーションの温度を一定に保つことは、スムーズな情報共有、明確なフィードバック、伝わるリクエストの前提として必須の条件だ。組織がコミュニケーションの質を作ると同時に、逆にコミュニケーションを安定させることによって組織を強化することができる。

そして挨拶やコミュニケーションの温度を一定にするための手段として、挨拶や声かけの基本形を丁寧語にするという手段が有効だ。年齢や立場に関係なく、コミュニケーションのスタートとしての挨拶を丁寧語で行なえば、挨拶の格差は自動的に解消されていくことになる。

…研修委員:黒木雅裕
[PR]
by y-coach_net | 2009-05-16 19:40 | 黒木さんのコーチング
<< 山口チャプター 平成21年5月勉強会 挨拶論(24) >>