ブログ… 「コーチはリーダーである。リーダーはコーチである」
by y-coach_net
カテゴリ
全体
イベントのお知らせ
黒木さんのコーチング
山口チャプター
メンバー紹介
ほぼ日記
本の紹介
リンク
未分類
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ほぼ日記( 26 )

生きる意味

人が生きると書いて「人生」です。

生きることに意味などなく、だた生きることがすばらしんです。

生きてさえいれば、恋もするし、宝くじにも当たるだろうし(私はないが)或は「やりがい」とやらも見つかる。

全ては「生きていること」で始まるし終わりもする。

人生とはいいもんだヨ。

おそらく今は聞く耳などないかもしれないが。

病院にいけば、朝目が覚めるだけで生きている実感を感じる人だっているのに。

何をカンチガイしているの?


雨の日は知った風な口を利きたくなる、ギリシャ悲劇のヒロイン風の相談者を前に、手の置き場所に困った小石川です。
[PR]
by y-coach_net | 2008-07-02 14:03 | ほぼ日記

敗者復活戦

「勝ち組」「負け組」と分けたがる昨今の風潮はスキではありません。

今日、かつて私が建設業許可申請をさせていただいた事のある方が尋ねてこられた。

この方は不渡り手形をつかまされ、その事が原因で倒産し建設業は廃業されていた。

しばらくは道具箱をかついて現場を渡り歩くような生活をよぎなくされていたが、まじめさが評価されたか新築住宅を受注したとのこと。

「捨てる神あれば、拾う神ありだ。また建設業許可を取得したい」とのこと。

うれしそうに話されるが人にいえない苦労をされたに違いない。

帰り際に「敗者復活戦だ、またヨロシュ~たのむ」

勝たなくていいから、負けないでネ

文責 小石川年男
[PR]
by y-coach_net | 2008-06-28 22:22 | ほぼ日記

父の日

嫁にいった娘から誕生石をあしらった携帯ストラップのプレゼント。

世間では「父の日」と言うらしいが、我が家には関係ないと思っていたので、ウレシイ。

特に、娘との距離感がわからなくてコミュニケーションは不足がちだったのでなおさらだ。

結婚してからの娘はよく顔をのぞけてくれ、そのつどツレアイとケンカでもしたのかと気をもむのだが言葉にすることはない。

誕生石のぶら下がった携帯で、娘の携帯電話の留守電に「アリガトウよ」の一言を吹き込む。




文責 小石川年男
[PR]
by y-coach_net | 2008-06-16 12:58 | ほぼ日記

風景

いつも通り過ぎるたびに不思議に思う構造物がある。

その構造物は県道沿いにあり交通量も多いので停車して確認することが難しい。

一体なんなんだ~

ちょうど渋滞で構造物の近くに止まったので携帯附属カメラでパチリ。

構造物の後には川が流れています。

でここに掲載します。

文責 小石川年男
d0116079_11532060.jpg

[PR]
by y-coach_net | 2008-06-04 11:53 | ほぼ日記

鳥居

昨日は、ある「総会」に出席するため湯田温泉駅で下車しました。

飲食+アルコール付きの会議ですので、自動車はご法度です。

駅から狭い道を会場に向かっていると、電柱に朱色の小さな鳥居が立てかけてあります。

つらつら考えるに、どうも「用足し」対策用のようだ。

そう、犬に鳥居を見せたって分かりませんので、人間向け特に男性用と思われます。

う~ん、さすが歴史を誇る、温泉街だ。


「・・・禁止」「・・・無用」とかよりは効果がありそうだ。


ところで最近見かけなくなったが「貸しや」の張り紙、実は2時方向に傾けて張るのが正統派だった。

歩きながら、看板を読むときのスガタを思い出すとその理由がわかります。

首を2時方向に傾けていませんか?


文責 小石川年男
[PR]
by y-coach_net | 2008-06-01 08:36 | ほぼ日記

質問

谷川俊太郎作「朝のリレー」

カムチャッカの若者が
きりんの夢をみている時
メキシコの娘は
朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女が
微笑みながら寝返りをうつ時
ローマの少年は
柱頭を染める朝陽にウィンクする
この地球では
いつもどこかで朝がはじまっている

・・・・・
・・・・

まだ続くのですが好きな詩です。

「谷川俊太郎の33の質問」という本に

1 金、銀、鉄、アルミニュームのうち、もっとも好きなのはナンですか?
2 自信をもって扱える道具をひとつあげてください。
3 女の顔と乳房のどちらにより強くエロチシズムを感じますか?
4 アイウエオと「いろは」の、どちらがスキですか?
5 いま一番自分に問うてみたい問いは、どんな問いですか?
6 ・・・・・・・・

と「33」の質問を友人、知人にしていてそれぞれの答えがまた振るっている。

27番目の質問に
宇宙人から<アダマペ プサルネ ヨリカ>と問いかけられました。
何と答えますか?

一番気に入った質問です。

「質問は詩人のするのがいい」と糸井重里氏の弁ですが、質問の質を問われる「コーチ」ですが遊び心満載の質問を考えることもオモシロイ。


33番目の質問は

何故これらの質問に答えたのですか?


文責
小石川年男
d0116079_9183374.jpg

[PR]
by y-coach_net | 2008-05-29 09:18 | ほぼ日記

ほぼ隔絶日記

d0116079_1456010.jpg
ほほ日刊イトイ新聞というブログがあり、それをもじった「ほぼ日記」

やはり本家にゃかなわない、ほぼ隔絶日記となった書き込みですがこれを読んでいるあなた、お元気ですか。

私は毎日ゲンキです。

今日は夢の話です。

私の両親はずいぶん前に他界していますが、いまだ両親の夢を見たことがない。

ところが1週間前に「ミ~」という10年くらい飼っていたネコが死んだのだけど、その「ミ~」の夢をみた。

すでに横たわって虫の息の「ミ~」が言うんだよネ。

「サクラはどうした?」

病気なのに見舞いにも来ないのが不満らしい。

「今、穴掘りに忙しいらしいヨ」とワタシ。

「ワシの食べていた餌をやってくれ」とミ~が言い残したところで目がさめた。

「ミ~」は私たち夫婦の布団の間で私たちに見取られながら、以後布団の間隔が広がったのだが、死んだことで記憶に焼きつき海馬を刺激したと思われる。

と言うことで、人間観察に血液型や夢判断、エニヤグラムもいいかもしれませんが、ズバリ脳みそを開けてみることもオモシロイです。

「海馬・・脳は疲れない」池谷裕二・糸井重里共著



えぇ、「サクラ」ですか?

飼い犬の名前です。

文責 小石川年男
[PR]
by y-coach_net | 2008-05-25 14:57 | ほぼ日記

公平感

ある雪国の金物店

今年は豪雪になりそうだとスコップを多めに仕入れした。

予測とおり豪雪になり、スコップの注文が大量にあった。

経済原則では物の値段は需要と供給のバランスで決まるはず、で金物店の店主は通常価格の2割増でも売れると考えた。

だけど金物店の店主はそうはしなかった。

経済原則にそむいて、従来とおりの価格で売った。

モスクワ郊外では、ある農家のささやかな繁盛が近郊の農場労働者の嫉妬をかい、農家の飼っていたわずかな牛馬のおりが破られ、納屋に放火された。

上記の逸話は経済学のテキストではなく、心理学のテキストに書かれていました。


かつて飛ぶ鳥をおとす勢いだった、「村上ファンド」。

村上ファンドの代表は逮捕される直前、「お金を稼ぐことは悪いことですか?」と報道陣に質問している。


今を生きる私たちは自身の「立ち位置」をどんな基準で決めているのか、もう一度振り返ってみることも必要なことカモ。


さて我が家ではいただきものの「ケーキ」は、3分の2をカミさんが取得し、残りをワタシがいただくのが公平です。@酒の頂き物は逆に分けたいが糖尿病も怖い小石川です。
[PR]
by y-coach_net | 2007-05-27 10:59 | ほぼ日記

ビールの量

今の時期、ビールがおいしい、とても。

コップにビールを注ぎ、のどを鳴らして飲む。

コップの半分まで飲んだところで、「ああ、残り半分しかない。」

これを飲み干してしまうと、ビールを買いにでかけなければならないが、それでは酒気帯び運転となる。

とか、ビールを飲みながら道路交通法を思い出す。

ところが、今現実におきている事は「コップの中にビールが半分入っている。」ことだけ。

出来事に勝手な意味付けをしているのは、ワタシ。

私たちを取り巻く世界は本来「意味」などなく、勝手に人間がレッテルやラベルと呼ばれる意味付けをしていると言われます。

ある発明家は「成功」とか「失敗」はない、あるのは解釈だけと断じています。





ところで、貴方は「もう半分しかない。」と思うか、「まだ半分ある。」と思うか。

もし「もう半分しかない。」と思う方、友達になろう。
[PR]
by y-coach_net | 2007-05-17 21:58 | ほぼ日記

商い(飽きない)

私の知り合いに婦人服を扱う洋品店主がいます。

ニホン中を安い婦人服買い付けのため走り回り、そのため日曜休日はなく結婚もできません。

いい男ですが、命を縮めるほど働いても儲かりません。



リンダ・ブラウンという8才の、少しませた女の子がいます。

学校では人気者ですが、グループで遊ぶことはしません。

勉強は地理と音楽が好き。

その女の子が身に着ける商品を売る店があります。

足元から頭まで。

その店には、リンダ・ブラウン以外の子供も買い物にきます。

リンダ・ブラウンになるために。

ちなみに日本でのお話です。


商品には物語りが必要なんです。

そしてリンダ・ブラウンは実在しません。


・・・・・・・・・どこで聞いた話なのか思いだせない!!
[PR]
by y-coach_net | 2007-05-11 13:50 | ほぼ日記