ブログ… 「コーチはリーダーである。リーダーはコーチである」
by y-coach_net
カテゴリ
全体
イベントのお知らせ
黒木さんのコーチング
山口チャプター
メンバー紹介
ほぼ日記
本の紹介
リンク
未分類
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

特別講演会 「人生を劇的に変える『自分軸』のみつけ方」

平成21年11月28日(土)
日本コーチ協会山口チャプター 特別講演会
講師の平本あきお氏の紹介です。


オリンピック金メダリストコーチ
平本あきお氏のストーリーは、なぜ人の心を惹き付けるのか。


東京大学大学院修了、米国シカゴのアドラースクールで心理学専攻、修士課程修了と、
輝かしい結果と立派な経歴に目が行きますが、
実は、高校時代はヤンキーで、偏差値37。
神戸の貧しい地域で生まれ育ち、中学から新聞配達やウエイターのアルバイト。
そんな環境の中、

「いったい、何が人の幸せを決めるんやろ?」、
「大学に行って、心理学を学びたい!人がよりよく生きる科学的で体系的な方法を学びたい!」

という思いから、親も先生も友達も反対、金もない、頭も悪い・・・という逆境を乗り越え、三浪して大学進学。
阪神大震災で両親を亡くすも、がれきの後片付け後、米国に留学。
渡米4年半後、2001年帰国当時、日本は不景気真っ只中、所持金10万円のみ。
頼れる両親も親戚もいない中、友人宅に居候させてもらいながら、日本での生活をスタート。
「コーチングで日本を元気にする!」と決めて、2年で青山表参道にオフィスを構え、
現在までに数多くの企業研修、経営者やアスリート、芸能人などをコーチングでサポート。

平本あきお氏の人生、なぜ、そんなことが可能だったのでしょうか?
いくたびの逆境を乗り越え、あきらめずに人生を切り開くことができたのは、
平本あきお氏自身が、「自分軸」を持っていたから。
どんな環境でも状況でも、希望を持ち、やる気と行動が続いたのは、「自分軸」が見つかっていたから。
平本あきお氏から、環境や状況がどんなに大変でも、希望をもって充実した毎日を過ごしていくための秘訣、
「自分軸」のみつけ方、について話を聞いてみませんか?
[PR]
by y-coach_net | 2009-09-24 17:38 | イベントのお知らせ

今日を生きるコーチングの言葉 11

「『あなたのために』という言葉はいついかなる時も美しくない」                   
                        … 大島弓子著 「サバの秋の夜長」より

大島弓子が少女漫画界での天才だったということは、今現在そんなに多くの人は知らないと思う。

手塚治や藤子不二雄や石森章太郎など少年漫画の天才群は、トキワ荘を舞台に漫画の未来を切り開いていった。

大島弓子や武宮恵子そして萩尾望都など少女漫画の天才群は、単なる「未来への希望」ではなく、さらにその先に待つ「残酷な近代」をその作品で予言していった。

特に大島弓子は、その絵の超童話的なかわいらしさとは対照的に、人間や時代の残酷さや生や死、希望や絶望を奇妙なほど穏やかに融合させた作品を生み出していた。

「サバの秋の夜長」は、そんな作者と飼い猫‘サバ’の「共同生活」を描いた自伝的作品だが、そこには人間や猫そしてあらゆる生き物が持つ、その幻想と孤独が冷感のある視点で描かれている。

「なぜって猫はすでに進化の果ての生物のような気がするから」

「猫と桜はさわってもさわっても遠い感じがする」

そして

「『あなたのために』という言葉はいついかなる時も美しくない」
  …飼い猫に思わず愛情を押しつけた自己嫌悪を、作者自身が振り返っての言葉…

このような客観は、「自分が自分が時代」の「ポジティブ強迫世界」と化した現代には、実はもうあまり居場所がない。

その証拠に寡作となった大島弓子が、現在進行形で書き続けている「グーグーも猫である」は、まるで時代に敗北したかのような、彼女とネコの自閉的ともいえる依存関係が描かれている。

だからと言って彼女を批判できるはずもない。

近代化の途上、彼女たち天才漫画家のおかげで、多くの少年少女そして男と女が、強烈な資本の論理と、自らの幻想に折り合いをつけて幸福な時間を過ごすことができた。

幻想が失われ、資本の論理が生き物の「健全」を危険にさらす現代まで、彼らにおんぶや抱っこをしてもらうわけにはいかない。

猫は進化の果てに、孤独と自分をひとつにする存在の秘儀を身につけたようにも見える。

たぶん今、人間にもそんな「進化」が問われている。

…研修委員:黒木雅裕
[PR]
by y-coach_net | 2009-09-20 02:30 | 黒木さんのコーチング